親知らずの手術は昔と比べて進化してる!親知らずの今と昔3

親知らずを歯科口腔外科の手術で抜くことになった僕。

 

いよいよ手術開始!果たして手術は無事終わるのか?

 

淡々と手術の準備が始まる!

僕の心の準備はまだ出来ていなけど手術の準備は淡々と進んで行く!思わず緊張から「ちょっと待って!」って言いそうになるのを堪える💦

 

手術される側にとってはビックイベントだけど手術する側からしたら毎日のルーティーンだしそりゃ手際よく進んでいっちゃいますよね。

 

逆に先生から「ねっ?怖いでしょう?」とか「歯茎の切開まで10分前です。」とかカウントダウンされても嫌だもんな…。

 

有り難かったのは顔に目隠しをかけてくれたこと!これなら今から何するかとか見ずに済むし視覚的な恐怖は感じずに済む!

 

でもこのマスクが途中で鼻にかかり息が苦しくなった瞬間も少し有りました💦苦しくても喋れないので我慢しかないんですけどね…。

 

16年前の手術時は目隠し無しのフルオープンだったから血飛沫とかめっちゃ見えて恐怖だったもんな〜。

今時の麻酔って凄いよく効くんですね!麻酔の注射が全然痛く無かったことに驚き!というか注射の感覚そのものが無かった!

 

麻酔の注射の前に表面麻酔と言ってスプレータイプの麻酔を噴霧してくれたのが効いたみたいです!

 

これも前回の手術の時と全然違う!!

 

前回は脱脂綿に染み込ませた表面麻酔的な物を一応注射の前に歯茎に塗ってくれたんだけどこれが全く意味無し!

 

全然表面麻酔が効いてないので麻酔の注射がメチャメチャ痛い!前回もこれをしてくれたら良かったのに…。

 

 

骨を削るのもメチャスマート!機械の削る音は凄いんだけど痛みは全く無し!

 

親知らずを抜くときも全然ゴリゴリされない!「えっ?こんなのでいけるの?」って思ったほど。

 

これも前回の手術と全然違う!

 

前回ははもう無茶苦茶!歯を抜く時はバカデカいペンチで思いっきり引っ張られてボキボキ歯を折りながら抜くんで顎が外れる!って感じだった。

 

今思うと前回の手術、酷すぎるな💦

 

苦痛を感じることなく親知らずの手術を終えて…。

手術はそのままスマートに終わりました。時間も20分もかかっていなかったくらい。

 

親知らずの手術ってこんなに簡単に苦痛も無く出来る物だったの?と驚きでした。

 

こんなに簡単な手術にあれほどビビってたの?何かビビってた期間が馬鹿らしかったな💦

 

先生の腕が素晴らしかったのかな?本当に前回と比べると天国と地獄の差がありました。

 

でも前回の手術は16年も前のこと。16年ありゃ医療技術だって進歩してますよね。

 

16年前って言ったらスマホなんて勿論無いし僕も高校生だった訳だし。今回は医療技術の進歩のおかげで苦痛を感じることなく無事手術が出来たのだと思います。ありがたや、ありがたや…。

 

親知らずの手術を躊躇してる方、設備の整った病院で手術するとそこまで苦痛を感じることなく出来ると思います!一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

親知らずは無事に抜けましたが抜いた後も結構大変なんですよね💦

 

手術後のことはまたエピローグとして書かせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertisement